卵の食べ過ぎはコレステロールが高くなる、は嘘です♪

 

卵は1日1個まで!!(°д°)ノ

 

「たまごかけごはん」の写真

昔は私もそう言われてて、食べ過ぎはコレステロールが高くなるからたくさん食べてはいけないと思ってました。

 

実は、同じように思ってる方、以外といらっしゃると思いますが、そうではありません!!!

 

 

こんにちは(*´ω`*)

 

最近はこいつが居ないと寝れなくなってるくらい、ミニオン愛が深くなってるマネージャー吉原です。

写真の説明はありません。

もうね、家族なんです、家族!

ミニオンは家族ですっ(°д°)ノ♡

 

 

もう、この顔と作りと、抱きごこちに本当に癒されてます(*´ω`*)

 

旦那様もお気に入り。

 

 

 

さてさて話を戻して、

 

私たちのジムではダイエットするためには、まずしっかりと良質な筋肉をつけること!そのために、タンパク質を取るようにメンバー様にもよく話しますが、

その中で、卵は取りすぎるとコレステロールが心配、という意見を多く聞きます。

しかし、それはもう迷信です(°д°)!

 

現に、厚生労働省が発表しているコレステロールの摂取基準は2015年からなくなっています。

それは、コレステロールは体内で合成できる資質であり、食事で摂取するコレステロール値の影響が少ないということがわかってきているからです。

 

コレステロールは卵を食べ過ぎると高くなるイメージが大きいですが、コレステロールが多い食品は卵だけではありません。

 

それ以前に、卵は安くて栄養価が高い食品であるということが特徴です(^_-)

 

 

《そもそもコレステロールって??》

 

 

なんとなく、コレステロールが高いと良くない。。。というイメージは皆様、お持ちなかと思いますが、ではなぜ良くないのか、そもそもコレステロールとは何かをご存知でしょうか??

 

  

・コレステロールとは人が生きていく上で、不可欠な栄養素♪

脂質の一種で、私たちの体を形成してる60兆個の細胞ひとつひとつの細胞膜の材料でもあります。また、脂肪の消化吸収を助ける胆汁の材料にもなっているんです。

 

 

・低すぎても病気(特にがん)のリスクが高い!

コレステロールが高いと病気のリスクが高いと思われがちですが、低ければ良いという訳でなく、低すぎても逆に病気のリスクが高まると言われています。(日本卵業協会のHP情報)

 

特に低いほど、ガンの死亡率が多いという結果が出ています。 

 

なので、卵は1日1個以上食べてもコレステロールが高くなる訳ではありません。

むしろ健康に良いことの方が多いです。

 

会長は1食に6個とか平気で食べます。

ちなみに1個あたりのタンパク質量は7~8gなので、3つでも十分にたんぱく質が取れますね(^_-)

1食に20g取れると良い感じです♡

 

 

もちろん、食事で摂取するコレステロール値の影響が少ないということがわかっていますが、体内のコレステロール値が高い人は注意して取るようにしてくださいね♪

健康な人はたくさん食べても、特に問題ありません。

 

 

 

もちろん、心配な人は自分のコレステロール値をしっかり把握した上で摂取するようにしましょう♪

 

 

ちなみにコレステロールが高く悩んでいる人には、運動の習慣はとても推奨されています。

ぜひ、健康のためにも筋肉をつけるためにもタンパク質である卵をたくさん食べつつも運動してコレステロールが高くなるのを防いでいきましょう♪

運動を習慣にしたい方、体験レッスンはこちらです♪

 ↓ ↓ ↓ ↓

体験レッスンの流れ♪<

本日もお読みいただきありがとうございました♪